スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by IKA
 
[スポンサー広告
リサイタルの概要

兄藏 Electric Bass Recital 「Dear Twilight 」

2009年10月9日(金)  宝塚ベガ・ホール
18:30開場 19:00開演 前売り:2000円 当日:2500円

お問い合せは anizoofan@yahoo.co.jp まで

(チケットはベガホール他で8月頃からの販売を予定いたしております)



兄藏はエレクトリックベースギターをタッピング(指板の上を指で押さえるだけて音を出す奏法)を中心とした独特スタイルで演奏します

特異な奏法であるが故にその点が注目されることも多いのですが、本質はベースギター特有のやわらかく温かいサウンドと情緒的で心に滲みるメロディーにあり、路上の演奏では感極まって涙を流す人や演奏に聞き入りその場を離れられなくなってしまう人も少なくありません

新宿の路上での演奏を10年以上続け、新宿では少しは知られた存在になりました
しかし活動の拠点は路上でありメディア等への露出も意識的に避け、CDもここ数年は実際に演奏を聴いていただいた方にしか販売しておらず、世の中にはほとんど知られる事なく演奏活動を続けてきました

そんな彼がようやくアルバム「Dear Twilight」を世に送り出し自身の作品を手の届くところから旅出たせ新たな領域に踏み出そうとしています

そして彼を応援すべく有志で地元関西でのライブを企画することになりました
「誰もが気軽に聴きに来れ、できる限りゆったりと演奏を聴いていただける」ようにとライブハウスではなくコンサートホールでの「リサイタル」として開催することにいたしました

彼の楽曲の根底には故郷「宝塚」で経験したことや関西時代の音楽活動があります
それらが新宿の路上で熟成され現在の楽曲たちが生まれました
新宿の道端で生まれ育った響きがもうひとつの原点である「宝塚」の地でしかも国内有数の音響を誇る宝塚ベガ・ホールでどのように響くのか楽しみでもあり不安でもあります
エレクトリックベースですのでアンプも使用しますができる限りホールの音響を生かした自然な音空間を演出できればと思っております

地元の関西ですが兄藏を知る人はほとんどいらっしゃらないでしょう

小さなホールとはいえ私たちにとってはライブハウスなどとは比べ物にならないくらい大きな器です
どれだけの方々に決して安くはないチケットを買っていただき来ていただけるのか見当もつきませんが
兄藏と聴きに来ていただいた方々にとってそして主催する私たちにとっても一生忘れられない「リサイタル」にできればと思います

もし少しでも気に留めていただけるようでしたらぜひともお越しいただき「兄藏の音」を感じていただければ幸いです

心よりお待ちしております

兄藏リサイタル実行委員会 一同

Posted by IKA
comment:0   trackback:0
[過去ログ]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://anizoofriends.blog88.fc2.com/tb.php/2-547788a6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。