スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by IKA
 
[スポンサー広告
とうとうやって来ました!
本日開催!

昨夜、通しリハーサルを行いました

ここでちゃんとお伝えはできないのですが、とにかく良いステージになりました、心から生でご覧頂きたいそんな気持ちでいっぱいです

当日券の発売は18時からの予定です

また、本日のお問い合わせは



兄藏リサイタル実行委員会へ



たくさんの方々とベガホールでお会いできるのを楽しみにお待ちしております

Posted by IKA
comment:0   trackback:0
[過去ログ
あにぞーまにあっくすVOL9~フランス人
さぁいよいよ伝説のバンド「フランス人」(何でもかんでも伝説っていうな!)

兄藏、私、そして兄藏の勤める楽器店の後輩I君がギターで入ったトリオバンド
当時、ハードロック一辺倒から色んな音楽に興味を持つようになった兄藏が特に気に入っていたのがフェアグランドアトラクションとタック&パティ (そろそろなんとなく最近の姿が想像できてきますかねぇ)

そういった音楽に,うってつけのギタリストとして白羽の矢が刺さって大怪我をしたのがI君

東京のガッコウで音楽の勉強をし、スタジオミュージシャンを目指していたという今までにいなかったタイプのギタリスト

愛車は親父のクラウン

洗練されたややこしいコードを使ってJAZZYなフレーズも弾きこなす

が、レッドブーツ(ジェフベック)の7/8拍子が苦手でそうじゃない頭の入りまでが入れないという個性的なギタリスト

ジャイアン兄藏との相性は抜群によかった

訳あって大阪に戻り兄藏に「カトリーヌという名前の十三ミュージックに出演しているストリッパーとつき合っている」といったあらぬ(?)うわさを職場で流されながらも同じ楽器店で働いていた

バンドの名前から想像できるだろうが、まぁ「適当に」が合言葉で、完全に「リゾート・バンド」になり

以前から練習よりもビフォーやアフターに重きを置くようになっていたがこのバンドではビフォー&アフターが9割くらいの比重

音楽的な話はさておき(置いとくな!)兄藏のジャイアンぶりが存分に発揮されることとなる

ある時「ライブが飛んだから朝からスタジオで録音して、それからジャケ写を撮影にいくぞ!」と言い出し

仕事先の先輩からもらったか買ったか知らんが、兄藏にしか乗りこなせない(2速が兄藏以外の人間には使えない・ハンドルが死ぬほど重い)茶色のスズキキャリーに乗り

当てなく宝塚・三田・西宮の山奥や田舎道を撮影場所を探して走りまわる、そして辿りつぃたのがよくわからない資材置き場

そこであれこれ写真を撮って終了

とか


またある時は「キャンプに行くぞ!」と言い出し

キャンプと言ってもテントを持たず

「山奥で夜を過ごす」だけ

メシは元ボーイスカウトの私が炊くという感じ

夕方から例の車で「こんどは場所知ってるから」と意気揚々と走り出すも全然場所が分からない

彷徨うこと数時間、もう決行できくなるギリギリのハプニングを乗り越え、いよいよ日付の変わるころ場所を教えてもらったO君(シープス)の友達K君に電話で場所を聞くことに

車で迎えにきてくれることになったが自分たちの居場所もあやふや

じっとしてたらいいのに下手に走るもんだから全然出会える気配なし

しかし携帯など無い時代にK君のすばらしい動物的な感で奇跡的に合流でき現地まで案内してもらう

程なく目的地に到着してK君にお礼を言いじゃぁまたとK君が帰ろうとしているところで「あれ、帰るの?」と兄藏……

当然K君は帰り私はメシの準備、午前1時の飯ごう炊さん

「なんか買いに行く」といって独りで車に乗ってどっかに行く兄藏

取り残された二人で「帰ってけえへんかったらどうすんねん」といった不安を抱きつつ真っ暗な山の中で帰りを待つ…何とか無事に兄藏が帰ってきて午前2時半のカレーライス

おなかも満たされ「さぁライブや!」誰もいない暗闇に向かって演奏開始

やってるうちにどんどん空が白みだし夜明けを迎える

トーキングブルースでI君が

「黙ってたけど、夜真っ暗でほんまに怖かった」
「夜が明けてまわりを見たら木ばっかりやった」

などとと唄いながらもライブは終了

あとかたずけを終え帰路に着き、途中で車を止めて「ありがとう浜村淳です」を聞きながら仮眠

昼頃に解散0泊2日のキャンプ終了

ちゃんとしたライブをやったかどうかの記憶は全くないが

ここから、関西での最後バンド「ドック・オブ・ザ・ベイ」へと発展していくのでした

006
この状況をキャンプと言ってはアカンと思います

007
キャンプ(?)を終えやっと解散!左がI君、かなり充実感のある表情の兄藏の後ろがスズキキャリー号

Posted by IKA
comment:2   trackback:0
[あにぞーまにあっくす]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
あにそーまにあっくすVOL8~ジャイアン兄藏
とうとうあと一週間になってしまいました、あにぞーまにあっくすもラストスパートです

シープス消滅後

やはり普段歩いて2分の距離にいてることで何かと会うことが多くジャイアン兄藏の思いつきに色々と付き合わなければならなくなる
ある日「職場の先輩のライブがあるか行くぞ」ということで環状線の桃谷駅というところにあるライブハウスへ行くことに

5時に仕事を終え、アベノに迎えに来てもらえるのが7時ごろで「この2時間をどう使うか」ということになる
普通はメシ食って、お茶して移動でって感じだろがジャイアンは発想が違う

「歩いていこかぁ」…

私と兄藏の高校時代の友達の3人で梅田からアベノまでテクテク歩く
だいたい10Kくらいか…その間ずっと「メーテルと森雪のどっちがええか」を話ながら2時間歩く
結論は覚えてないがまぁどうでもいい

ジャイアン兄藏との付き合いでは「歩く」というのは必須

神崎川のスタジオで練習を終えたあとに車で送ってもらうために「ひと駅やから」と園田まで歩くことに
阪急神戸線の「神崎川ー園田」間は阪急にしては距離が長い、乗っていてもなかなか着かん
なんとなく歩き出してやっと着いたときに「案外遠いな」って…

上京後遊びに行った時パンダを見に行こうと幡ヶ谷から電車で上野へ
月曜日でパンダが休み…で公園でやってたMOMA展なるものを首をひねりながら見たあと歩いて秋葉原まで行きそこから「やぶそば」いこうと神田まで歩くも休み…だらだら歩いて九段下までそこでやっと地下鉄に乗り新宿3丁目当然そこから幡ヶ谷まで歩いて帰る
上京後バイク便をやっていたので道には詳しいのだが電車はよう知らんので、バイクと徒歩を同じ感覚で移動手段としていたようだ

歩くことではないが

ある日勤め先の楽器店主催の「ヤマハ・バンドエクスプロージョン」の店予選に枠が空いたからということで急遽「でるから来て、ギターも声かけたあるから適当にやろ」と

で行ってみると案の定ギタリストは来ずベースとドラムだけで適当にセッションすることに

さすがにベースとドラムだけでは間が持たないと思ったのか
本番直前に手伝いに来ていたお店の後輩にフォークギターを持たせ「呼んだら出て来い、3コードでブルースやるから適当に弾け」と声をかけ

舞台へ上がる、MCが次は「イカターボ」のみなさんです…(名前まで適当)

適当に弾きまくって、叩きまくって1曲目が終わり、半ば無理やり後輩を引きずり出し「スゥイートホームシカゴ」を歌う…訳分からんまま終わって審査発表

続いての賞は「度肝を抜く演奏をしていただいたイカターボです」
ちゃんと練習して出てきたお客様バンドを尻目に賞品まで頂きご満悦のジャイアン兄藏…

結局こういう関係はずっといままで続き詳しくは語らないが、5月にふくらはぎの筋断裂になったり、リサイタルなんか開催してしまったりというわけで

さて次はとうとう「フランス人伝説」を書かねばなりません

jyaian

ジャイアン実写版@関目フレックス
Posted by IKA
comment:2   trackback:0
[あにぞーまにあっくす]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
back | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。