スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by IKA
 
[スポンサー広告
あにぞーまにあっくすVOL7~師匠!
バカばっかりやっていたその頃に兄藏はシープスのO君からこれからの彼の生き方に大きな影響を与えることとなる、ひとりの「おもろいおっちゃん」を紹介してもらうこととなる

O君の近所に住むそのおじさんはパーマ屋兼ボレロ歌手でその人物こそ兄藏が師匠と呼ぶ

「アルバーソ・チカ」であった

そこに居るだけで場の空気が和む不思議な魅力をもった人だった、なんともいえない透き通った声で歌を唄い多くの人達に愛されていた

出会った頃はパーマ屋を営みながら副業としてギターを抱えボレロを唄っていた

そのパーマ屋さんの店先でアルバーソは兄蔵がそれまで全く知らなかった音楽をたくさん教えた

そして、いつしか一緒に営業を廻るようになっていた


そんな折、阪神大震災が起きアルバーソは店も家もすべて失ってしまい副業であった音楽を本業にすることを決意する

兄蔵はそんなアルバーソの生き様を目の当たりにし自分のあるべき姿を見つけ上京を決意したのではないだろうか


兄藏が上京して数年後アルバーソ・チカは営業先で倒れ一時入院する

「胃がん」だった

退院した後で、会ったときに「がんこしらえてもうてなぁ」と話ながら

それでも「こんなんなったらあかんでぇ」と兄藏のことを気にかけていた

それから数ヶ月後ある新聞の記事で「入院先の病院からも歌を唄いに出かけている、末期がんの歌手」として紹介されていた

その記事の写真には見る影も無くやせ衰えた彼の姿…

すぐ東京の兄藏に連絡すると、兄藏も実家から新聞を送ってもらってその記事を読んでいた

兄藏が帰阪し見舞いに出かけた


そして病床に臥すアルバーソから驚くべき話をされる

「今度の三木山でもう最後やから一緒に出ぇへんか」

三木山とは彼が開催のきっかけを作った三木市三木山森林公園で行われている「フォルクローレ音楽祭」のことで彼にとって深い思い入れのあるステージだった

開催は数日後、奇跡的なタイミングで二人は同じステージに立つことになる

当日、出番を待つ楽屋でも兄藏のボータイの結び方や衣装の着こなしに気をかけ、いつもとかわらず兄藏にわがままや憎まれ口をたたくアルバーソ

そして最後のステージへ

ギターを抱え、張りのある信じられないほどの透き通った声で唄うアルバーソ

師匠の後ろ姿のずっと見つめながらギターを弾く兄藏

予定の2曲を歌いアンコールに応え「コーヒールンバ」を二人で唄い

「また来年もお目にかかります、アミーゴ!」と挨拶し大きな拍手に送られステージを後にした

アルバーソは晴れ渡った空の下で新緑の公園のあちらこちらで思う存分歌を唄い大勢の「アミーゴ」達に見送られながら帰路についた





それから一月足らずの、2003年6月12日アルバーソ・チカは音楽と多くの人々に愛された53年の人生に幕を下ろす







…7回忌を迎えた今年の命日は兄藏の「Dear Twilight 」発売記念ライブの日

そのことに気がついて二人で天を仰ぎ見た

「絶対どっかにおるで…」

アルバーソはまだまだ兄藏のことが気がかりのようだ


アルバーソが元気だった頃の記事がまだネットにありました 


スポンサーサイト
Posted by IKA
comment:2   trackback:0
[あにぞーまにあっくす
チケット郵送販売の受付は10月4日で終了させていただきます
チケット郵送販売の受付を発送等の都合で10月4日で終了させていただきます

まだお考え中の方はお早めにご連絡ください!

(委託先の各店様では前日までお買い求めいただけますのでそちらもご利用ください)

よろしくお願いいたします
Posted by IKA
comment:0   trackback:0
[過去ログ]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
あにぞーまにあっくすVOL6~新しい時代へ
リサイタルまであと一ヶ月を切りました

「あにぞーまにあっくす」もやっと平成に突入…といってもまだ20年も前の話です

何とかリサイタル当日までに完結したいのですがねぇ~というわけで少し長くなりますがお付き合いくださいませ・・・

さて昭和が終わり、新たな時代の幕開け、そして禁断の扉が開こうとしておりました…

兄藏がサンニンジャーで暴れている頃、私もトリオバンドを組んでいた
そのバンドのリーダーでギタリストKは中学の同級生で高校へ行かず一日8時間以上ギターを弾いている超変体ギタリスト、当初はジェフベック等のインストロックを中心にコピーやオリジナルをやっていた

その後Kがフリージャズに傾倒しインプロビゼイションを中心にワンテーマで20分とかの曲をやったり
もうぐちゃぐちゃ
(一度だけKと兄蔵そして私でインプロ30分一本勝負をして兄藏をボコボコにしてしまったことがあるがどうも今でも根に持たれているような…)

そんなトリオバンドで私とリズム隊を組んでいたF君(VOL4の女性ホルモンと同一人物)は脅威のリズムキープ力で無茶弾きギタリストKと無茶叩きドラマーの私が何をやろうが淡々とリズムとテンポを支え破綻を食い止めてくれる

そんな彼が支えてくれていたので私の演奏は成り立っていた訳で、ギター並みに音数が多くひたすら弾きまくるスタイルの兄蔵とはドラムとベースという関係でバンドを組むことは「ものすごくいけない事」のような気がしていたが…

昭和が終わりを告げた頃、兄藏のサンニンジャーも私のやっていたバンドも自然消滅寸前…

その頃私は梅田の三番街近くにあるボウリング場でアルバイトをしていた

時を同じくして兄藏は梅田ナカイ楽器で働くようになる

その距離歩いて約2分…

非常にイケナイ距離感で日々を過ごすように

当然休憩中やバイト終わりに彼と会う機会も増え、そうなると超えてはいけない一線を越えてしまうのはよくある話で…

出会って4年とうとうベースとドラムという関係になってしまった

そして「ゴールデンエイジオブロックンロールシープス」が誕生する…

 more...

Posted by IKA
comment:3   trackback:0
[あにぞーまにあっくす]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
チケット情報その3 JAM's Factoryさま
兄蔵リサイタルチケット販売情報その3でございます。

JAM's FACTORY
JAM's Factory

10月9日(金)宝塚ベガ・ホール 兄蔵リサイタルのチケットが大阪日本橋JAM's Factory様でお求めいただけるようになりました。お店の詳しい場所等はホームページをご覧ください。

JAM's Factoryさんは中古の楽器、機材販売をメインに機材レンタル、ギター教室など精力的に運営しているお店です。

実はここの社長さんもその昔、兄蔵と同じ職場で働いていた、いわば兄蔵のお仲間さんでございまして、当時兄蔵もいろんな意味で彼を可愛がっていたようですね(兄蔵談)。社長さんの方は「兄蔵さんにはえらいお世話になって感謝してるんですよ。」と、えらくポジティブな方向に解釈しているようなので、ま、いいんじゃないでしょうか?

JAM's Factoryさんには、兄蔵リサイタルその他もろもろご尽力くださいましてありがとうございます。
ブログでも紹介していただきました。→記事はこちら
チケットのほうも予約していただいてたみたいで感謝感謝でございます。

リサイタルまで1ヶ月を切りました。チケットのご購入はお早めに。
Posted by IKA
comment:0   trackback:0
[過去ログ]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
チケット情報 2 梅田ナカイ楽器(株)さま
チケット販売情報です。

梅田ナカイ楽器 古書の街店
梅田ナカイ楽器 古書のまち店

梅田ナカイ楽器 阪急グランドビル店
梅田ナカイ楽器 阪急グランドビル店


10月9日(金)宝塚ベガ・ホール 兄蔵リサイタルのチケット販売を梅田ナカイ楽器(株)様に委託しました。

梅田ナカイ楽器 古書のまち店、阪急グランドビル店でお求めいただけます。



 more...

Posted by IKA
comment:2   trackback:0
[過去ログ]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。